簡単羊毛フェルト♪ カラフルかわいい小鳥さんの作り方

羊毛フェルト初心者さんでも、可愛くできる 小鳥さんを作ろう

羊毛フェルトで鳥さんをつくりたい!
でも、羽根や尻尾、クチバシや脚まで細かく再現するのって難しそう。。。

そんな風に感じて、やってみる前から諦めていませんか??

鳥の体は、流線型で、美しい曲線で構成されています。
羊毛フェルトの講師として、たくさんの方に作り方を教えてきましたが、初めてのチャレンジで、鳥の形をバランスよく再現するのは、ちょっと難易度が高いかな〜。。。
というのが正直なところです。(どこまで綺麗に仕上げたいかにもよりますが)

とは言え「作りたい」と思うものを 形にするのが手作りの醍醐味!
いきなりそっくりを目指さなくても、楽しみながら本物に近づけていくことなら誰にでもできます♪

今回は、その第一歩として、ぽてぽてしたフォルムが可愛い 「小鳥さん」の作り方をお伝えしていきます。 
 
基本を覚えたら、いろんな色の羊毛フェルトを使って、インコや文鳥・カナリアなどあなたがペットで飼っている鳥さんに、そっくりな小鳥のマスコットもつくることができますよ♪ 

もふちえ先生

基本の作り方からアレンジまで、詳しく解説していきます!
一緒に楽しく作っていきましょうね♪

もふたろう

かわいくつくってね〜(むにゃむにゃ)

羊毛フェルトで作る 基本の鳥さん 〜準備編〜

今回は、ぽてぽてしたフォルムが可愛い 「コロコロ小鳥さん」の作り方をお伝えしていきます。  

羊毛フェルトが初めての方、ほとんど作った事がない方は、まずは単色のシンプルな鳥さんにするのがおすすめです。
1度作ると、流れがわかるので、アレンジもかなりしやすくなります。
急がず・焦らず、基本から楽しんでいきましょう♪

鳥さんの色を決めよう

シンプルバージョン(単色)の鳥さんは、
①ボディ・②目・③クチバシ・④脚
の、計4色で作る事ができます。

ここでは、7色の鳥さんをご紹介していますが、色の組み合わせで、印象は大きく変わります。
「目の色は黒」「鳥の色は何色」などと、常識にとらわれることなく、自由な発想・あなたのセンスを生かして、お手持ちの羊毛から「4色」選んでみてください。
(お手持ちの色が少ない場合は、ボディとパーツの「2色」でも形になりますよ!)

もし、色の組み合わせに迷って 決められないようなら、ボディの色だけ決めて、形にしてから合わせていってもOKです!

●色合わせについて、もっと詳しく知りたい方はこちら→→

道具と材料を準備

配色が決まったら、材料と、道具を準備します。

主な材料と道具はこちら
・材料(羊毛フェルト2〜4色:ベース3グラム・その他少量)
 ※おすすめのサイズ感(背の高さが、4〜5センチ程度)の場合の分量です
・フェルティングマット
・フェルティングニードル 
その他、指サックや抑え手などはお好みでご準備ください

作品作りを始める前に、必要な道具や材料を揃えておくと作業がスムーズです◎

●羊毛フェルト 基本の道具解説はこちら→→
●羊毛フェルト 使いやすい材料選びはこちら→→
●あると便利な「羊毛パレット」についてはこちら→→

サイズについて

サイズ感は、背の高さが、4〜5センチ程度がおすすめ!

手のひらに、ちょこんと乗って可愛い◎ というだけでなく、
・製作時間(大きな作品は時間がかかる)
・作りやすさ(小さすぎるとパーツの再現が大変になる)
という点からも、初心者さんに最適なサイズ感です。

グラムはあくまで目安ですが、参考にしてくださいね。

製作時間はかなり個人差がありますが、初めてでも60分以内に、慣れれば30分程度で形になります。

もふちえ先生

準備が整ったら、小鳥さんを作っていきましょう!

むにゃむにゃ。

羊毛フェルトで作る 基本の鳥さん 〜作り方編〜

今回は、羊毛フェルトを卵型に整形したものに、目・くちばし・脚のなどのパーツを差し付けて鳥さんの形にしていきます。
難易度を落としつつも、鳥さんの特徴をおさえて可愛く仕上げるために、ベースは丸型ではなくて、卵型を選びました。

卵型は、羊毛フェルトの基本の整形の一つなので、初心者さんの練習にもぴったりのモチーフとなります。

基本の形が綺麗に作れるようになると、作品のクオリティもググッと上がっていきます!
楽しみながらスキルアップしていきましょう♪

鳥さんのボディをつくる

芯になる部分を作る

羊毛フェルトの基本シリーズ 卵型のつくりかたはこちら→→

① 羊毛を整えてから 指で抑えながら、キュッと巻いていく事で、しっかりとした芯ができます。
親指くらいの太さになったら、緩んでこないようにニードルで刺し止めます。

② 続きも同じように力をかけながら、キュッと巻きつけていきます。
適宜、刺しとめながら、進めてください。

③ 端まできたら、巻き終わりを刺しとめ、丸みのある俵型になるように、まんべんなく刺して形を整えます。この後さらに羊毛を足していくので、表面がきれいに整っていなくても次に進んで大丈夫です◎

もふちえ先生

ここでしっかり芯を作る事で、仕上がりが良くなります。
適度な硬さに仕上げる事で、形崩れもしづらく、長く楽しめる作品ができあがりますよ!

さらに羊毛を巻き付ける事で太らせ、卵型に整える

④ 羊毛を細長く整えて、先ほど作ったベースに巻きつけていきます。
この時も、羊毛を軽く引っぱりながら巻いていきます。包帯を巻くようなイメージで、少しずつずらしながら巻きつけると、卵型にととのっていきます。

⑤ 端まできたら、巻き終わりを刺しとめ、卵型になるように、まんべんなく刺して形を整えます。
この後、パーツをつけていくので、完璧に仕上げる必要はありません。
8割程度(満遍なく刺して、形が整っている状態)で、次の工程に進みましょう。

ボディの作り方 ポイントとまとめ

ベースのポイントは3つ!
 ・しっかりした芯を作るコト
 ・段階的に形を作るコト
 ・適宜、ニードルで刺しながら進めるコト

羊毛フェルトは、根気よく刺す事で、きれいな作品に仕上がります。
卵の中心に向かって刺すイメージで、満遍なく刺して整えていってくださいね。

●刺しかたのコツ。フェルティングニードルの扱いはこちらから→→

ベース(卵型)の作り方 まとめ
①羊毛の端からややきつめに巻き、芯をつくる(親指程度の太さ)
②巻きが緩まないように、途中で刺し固める
③残りも同じように巻き、途中で刺し固めつつ、巻き終わりを刺しつける
④全体をまんべんなく刺して、形を整える(丸みのある俵型)
⑤羊毛を足し、あたまとおしりをつくる
⑥全体を刺して、形を整える(卵型)

●羊毛フェルトの基本シリーズ 卵型のつくりかたはこちら→→

ザクザクと刺す感触がとっても心地よく、いつの間にか頭が空っぽになって目の前の作業に没頭できるのも、羊毛フェルトの魅力の一つ。
時間があっという間にすぎるので、予定がある方は時計を気にしていてくださいね 笑 

パーツを準備する

ボディがおおまかに仕上がったら、次はパーツの材料を準備しましょう!

もふちえ先生

ここから、卵が大変身!していきますよ♪ お楽しみに〜♪♪

パーツの種類と準備

今回は、5種類のパーツを準備します

・目(✖️2)……ごく微量の羊毛をきつめに丸めておく
・くちばし ……少量の羊毛を丸めて軽く刺し固めておく
・羽根(✖️2)…少量の羊毛を取り分けて、軽く形を整えておく
・しっぽ…………少量の羊毛を取り分けて、軽く形を整えておく
・脚(✖️2)……少量の羊毛を丸めて軽く刺し固めておく

羽根を作る

取り分けた羊毛を刺して、羽根の形をつくります。
左右のバランスが大事なので、1つずつ仕上げるのではなく、左右交互に進めるとバランスがとりやすくなります。

刺し固めすぎると、ボディに付きづらくなるので、ふわふわ感は残して、イメージしている大きさよりもやや大きめで留めておいてください。

しっぽを作る

取り分けた羊毛を刺して、尻尾の形をつくります。

後からボディに付けるために、根元はふわふわのまま残しておきます。
尻尾の長さやサイズは、お好みで大丈夫ですが、時々ボディに当ててみて、サイズをみながら調整してくださいね。

小さなパーツなので、指を刺さないように気をつけてください!
必要であれば指サックなどを使って怪我を防止しましょう。

●羊毛フェルトに便利な道具いろいろはこちら→→

パーツをつける

まずは、お顔がつきそうな部分を探します。

卵をくるくる回してみると、なんとな〜くこっちを向いているように感じるところがあります。
まずは、よ〜く眺めて、ここだ!と思うところを見つけてから取り掛かってくださいね!

ねたろう

お顔はないけど、不思議と目が合うんだよね〜。むにゃ。

くちばしをつける

ボディにくちばしをのせて、配置を決めてから、刺しつけていきます。
位置がずれないように抑えながら、2〜3箇所深く刺して 軽く固定します。

一旦 全体を確認して、位置や傾きなどがおかしくないかチェックします。
くちばしの、輪郭をぐるっと一周刺して、しっかり固定します。
出っ張り具合が程よくなるように、形を見ながら刺して整えていきます。

目をつける

目は、作品の命とも言える、とっても大切なパーツです。
配置や大きさでかなり印象が変わりますので、慎重に進めていきましょう。

きつめに丸めておいた羊毛をお顔にのせて、どこに配置すると可愛いか、少しずつずらしながらよく見て決めていきます。
配置が決まったら、1箇所だけグッと深めに刺して、 仮固定します。

先ほど決めた位置に刺せているかチェックして、問題なければ細かく刺してしっかり固定していきます。
左右のバランスが大事なので、片方ずつ仕上げるのではなく、左右交互に進める方がバランスがとりやすくなります。

個人的な好みで羊毛を使用していますが、「刺し目」と言われる既製のパーツもありますので、ツヤツヤした質感が好きな方は、パーツを使うことををお勧めします。

●羊毛フェルトで使うパーツいろいろ 詳細はこちら→→

羽根をつける

ボディに羽根をのせて、位置をよく見てから、刺しつけていきます。
位置がずれないように抑えながら、左右ともに2〜3箇所ずつ 深めに刺して 軽く固定します。

仮固定の状態で、左右のバランスを確認して、位置や傾きなどがおかしくないかチェックします。

位置が良さそうだったら、羽根の輪郭をぐるっと一周刺して、しっかり固定し、反対側も同じようにぐるっと刺して固定します。
左右のバランスと、羽根の形を見ながら刺して整えていきます。

繰り返しになりますが、パーツが左右2つあるものは、左右対称になっていないと、どうしてもバランスが悪く感じてしまいます。片方ずつ仕上げずに 左右交互に進めることで、左右のバランスが整いやすくなります。

もふちえ先生

正面や後ろ・上や下、いろんな角度から見ると、左右のバランスが分かりやすいので、こまめに確認しながら進めていきましょう!

脚をつける

配置を決めたら、脚を刺しつけていきます。
位置がずれないように抑えながら、左右ともに2〜3箇所ずつ 深めに刺して 軽く固定します。

これまでと同じように、左右のバランスチェックしてから刺しつけます。

脚は、根元だけ刺しつけるようにすると、立っている鳥さんに、つま先まで刺しつけると、お座りしている鳥さんになります。
お好みのポーズになるように、刺しつけてくださいね。

しっぽをつける

配置を決めたら、しっぽを刺しつけていきます。

ズレないように反対の手で押さえながら、ふわふわのまま残しておいた部分を、お尻に刺しつけていきます。
まずは、2〜3箇所 深めに刺して 軽く固定し、配置を確認してからしっかり固定していきます。

ふわふわの部分をが残らないように、細かく刺して表面をきれいに整えてくださいね!

仕上げと、ポイント

全てのパーツを刺しつけたら、全体を眺めてみてください。
いびつな部分があれば、イメージしている形よりもはみ出ているところを 細かく刺して整えます。

仕上げの工程では、浅めに細かく刺してくださいね。

きれいにつくるためのポイント まとめ
・長く楽しめる作品にしあげるために、適度な硬さ(芯をつくる)に仕上げる
・バランスの取れた作品に仕上げるため、パーツを先に準備する
・パーツをつける時は、形崩れ(刺しすぎ)に注意する
・途中の工程は、完璧に仕上げずに、7〜8割で次に進む

いろんな小鳥さんに チャレンジ 〜アレンジ編〜

慣れてきたら、色を変えたり 模様を刺しつけて、文鳥やセキセイインコ・メジロなどなど…♪
自由にアレンジして、お好きな鳥さんをつくることができます。

仲間をたくさん作って、お部屋に飾ったり、自由にアレンジしてたのしんでくださいね♪

簡単にできる アレンジ例
・色を変えて、カップルの鳥さん
・サイズを変えて親子の鳥さん
・木の枝や、リースに乗せる
・鉢植えと一緒にディスプレイ
・キーホルダーやストラップにアレンジ

などなど・・・。
アイデア次第でいろいろと楽しめますよ♪

鳥好きのお友達に、ギフトとしてプレゼントしてみるのもおすすめです。

もふちえ先生

いかがでしたか??
ただの羊毛の卵が、鳥さんになる瞬間!わぁ〜♡ってなりますよね♪

大人から子供まで、羊毛フェルト初心者さんでも可愛く仕上がる「簡単シリーズ」
他の作品も、ぜひご覧くださいね♪

もふたろう

また みにきてね〜。むにゃむにゃ。

 

ABOUT US

アバター
Chie羊毛フェルト講師
富山県出身|魚座のB型・動物占いは しっかり者のこじか です◎|好きな食べ物はきのことチョコ。羊毛フェルト作家 兼 講師で、ニードルフェルトに特化しています。羊毛フェルトをやってみたい初心者さん、もっといろんな作品を作りたい中級者さん、そして、オリジナリティを出したい方から、ハンドメイド作家を目指す方まで。あなたの個性や才能を生かすサポートをしています